今すぐお金を借りたいけど無職だけど貸してくれるところはあるのでしょうか?

今すぐお金が借りたいけど無職で貸してくれるカードローンやキャッシングはあるのだろうか?

そのようなことを考えてばかりいる無職の方がたくさんいらっしゃるでしょう。

失業してしまい次の仕事が見つかるまで貯金が底をついてしまうことがありますし、生きていくためには、どうしてもお金は必要になるものです。

カードローンやキャッシングの審査が通る条件として安定した収入が必要となりますので、無職ではどこも借りられないというのが現状です。

それでは無職でもお金を借りられるところはあるのでしょうか?

無職が派遣社員に登録したら

無職でお金を借りることができませんが派遣登録すれば審査に通ることはできるのでしょうか?

実際に派遣会社に登録すれば派遣社員となります。派遣社員となれば無職ではなくなりますが、職業だけが審査の条件とはなりません。

カードローンやキャッシングの審査ではどの会社の派遣に登録していて、現在の収入はどのくらいなのかということも対象となります。

つまり、派遣社員に登録しているだけでは間違いなく審査に落ちてしまいます。毎月安定した給料が振り込まれてるなど収入があることが審査のポイントとなるからです。

審査では派遣先の在籍確認も行いますので、派遣社員として働いてる期間も調べられてしまいます。ですので派遣社員に登録しただけでは審査に通ることは不可能です。

無職でお金を借りるとこはないのであれば最後に頼るところは国の制度です。役所に行けば無職であってもお金を借りることができる制度があります。

その制度とは緊急小口資金制度です。緊急小口資金制度ではいくつかの条件に当てはまれば、生計を立てることができない人や世帯に低金利で融資が行われます。

融資の条件は以下の通りです。

低所得
被災に遭い経済的状況が厳しくなった
急な病気やケガのため医療費の支払いが必要になった
就職や転職をして最初の給料日までの生活費がない
給料が紛失したり盗難されたため生活費がなくなってしまった

無職は低所得に当てはまるため、緊急小口資金制度の対象となる可能性があります。

条件に当てはまっていて、今すぐお金が必要な状況にあるのでしたら、現在住んでいる自治体の役所に相談してみてください。

今すぐお金を借りたいなら無職ではいけない

無職であってもお金を借りられることも不可能ではないのですが、専業主婦のように安定した収入がある配偶者や、不動産収入や財産などの担保がなければ、お金を借りることは非常に厳しいです。

無職で収入のない状態ですとカードローンやキャッシングの借り入れは不可能ということは変えられません。

無職やブラックでもお金を借りられると書かれたチラシを見かけたことはあるかもしれませんが、そのようなチラシを撒いているのはヤミ金です。

法外な金利でお金を貸しますので、借りられるあてもない状態で借りてしまったら絶対に返済する事など出来ないでしょう。ヤミ金は貸した本人から回収することができなければ、その取り立ては家族に及んでしまうのです。

自分や大切な家族を守るためにお金が必要だからといってヤミ金からお金を借りる事は絶対にしてはいけません。

今すぐお金が必要で生活が困窮しているというのでしたら役所に相談してください。福祉課などが窓口となってくれます。条件に当てはまるのであれば、まとまった金額を低金利で貸してくれる制度もあります。

お金が借りられるようになることは今すぐお金に必要な人にとって大事なことでしょうが、 一刻も早く安定した収入を得られるようになることが今すべきことです。

借金をあてにすることではなく、安定した収入を継続的に得られるよう働くことができなくれば、今後も生活が送ることができません。

無職であるのでしたらお金を貸してくれるところを血眼になって探すのではなく、ハローワークに行って働けるところを探すこと。

そういった行動を起こすことで今の状況を変えることができるのです。