お金を借りたいけど借りれないときはどうすればいいのか?

お金を借りたいけど借りれなくて今お金ない人はブラックになっていたり多重債務の人でしょうね。

自己破産家したり支払いを滞納していた人は新規のカードローンやキャッシングは難しくなってしまいます。

お金が必要だけど、どこも貸してくれないので闇金にお金を借りるしかないのかと追い詰められた人がいるかもしれませんが闇金は絶対にやめておきましょう。

中小の消費者金融なら審査に通過する可能性も

大手の消費者金融よりも審査が通りやすい中小の消費者金融はあります。独自の審査を行うことによりブラックでも審査が通過する可能性が残っています。

大手と比較して知名度がない中小の消費者金融は名前も聞いたこともないから融資を受けても大丈夫なのか心配になるかもしれませんね。

でも、闇金とは違って貸金業登録されている合法の業者ですので安心して利用することができます。

貸金業登録されている中小の消費者金融の中には、自己破産していても審査が通過したり他の審査では通らなかったけど借りることが出来た、ブラックでも OKだたなど債務整理の経験がある借り入れ希望者にも対応してくれる場合があります。

他では借りられなかった人に対しては審査はどうしても厳しくなりますので、審査の結果が出るまで時間がかかりますので即日融資は難しいでしょう。

しかし、どこにも借りるあてのない状況から脱出できる可能性もありますから希望を捨てないでください。

審査に通るための対策

ブラックになった人は大手金融機関の審査に通らなくなるのは、ブラックリストが信用情報機関に管理されているためです。消費者金融によって期間は異なりますが、原則5年間は大手消費者金融の審査に通ることはありません。

信用情報に傷がある場合も大手消費者金融の審査に通りません。クレジット履歴の延滞履歴なども信用情報で管理され、金融機関は直近2年間の返済情報を確認できるシステムがあります。

ブラックほどでありませんが信用情報に傷がある場合ですと、直近2年間に返済の遅れがあれば審査に影響しますし、変態履歴や延滞額が多い場合は審査は通らなくなる確率が高くなります。

もし信用情報に心当たりがある場合は返済延滞からできるだけ時間が過ぎてから審査に申し込むようにしましょう。

他社からの借り入れが多いと審査に影響する

個人の信用情報以外にも他社の借り入れも審査の条件となります。他社の借り入れを含めて融資希望額が大きくないのでしたら影響は少ないですが、融資希望額が多くなりますとその分審査が厳しくなります。

借入件数が5件以上になりますと新規の借り入れはまず不可能だと考えておいていいです。

手当たり次第に審査を申し込むのは無謀

貸してくれるところが見つからないから、手当たり次第に審査に申し込むことは無謀です。

信用情報では他者への申し込み履歴も記録されます。申し込みが多いと「申し込みブラック」とされてしまい審査に不利な状況を作ってしまいます。

もし申し込みを多数行っているのでしたら、申し込み情報は6ヶ月で消滅しますので6ヶ月が経過するまで申し込みを中断しましょう。

そして、6ヶ月後に再度1社ずつ申し込ようにしてください。

申し込みで嘘をついてはならない

審査に通るために年収や職業、他社からの借り入れがあることを偽って申告することは絶対にしてはいけません。

年収を偽っても収入証明書の提出を求められますし、勤務先には確認の電話がなされます。

先ほど説明しましたが他社からの借り入れは信用情報で調べることができるのです。

たとえ記載ミスであったとしても現状と異なる情報があれば心象は悪くなりますので、それが原因で審査に落ちてしまう原因となりかねません。

最後に、色々手を尽くしてもお金を借りることができないなったとしても闇金だけには手を出してはいけません。

闇金の恐ろしさはここで説明するよりも人気コミックで映画化もされた『闇金ウシジマくん』を読めば闇金に手を出すことがに恐ろしくなること間違いありませんので、最後に紹介しておきます。