無職だけどお金借りたいけど、貸してくれるところなんてあるのか?

<スポンサーリンク>

無職だけどお金借りたい状況になったとしても、消費者金融、カードローン、キャッシングなどは安定した収入がないと審査まず通りませんし、一般的に無職の状況ですとお金は借りられません。

ただし、無職であったとしても安定した収入がある配偶者がいる専業主婦、年金受給者、働いてる学生は消費者金融屋カードローンキャッシングの借り入れが可能となります。

そのような条件に当てはまらない無職の人であってもお金を作れる方法があります。

手っ取り早くお金を借りれるのはカードローンですか、カードローンの借り入れができないのなら公的制度を利用することでお金を借りられることがあります。

それでは無職だけどお金を借りたい場合に、お金を借りられる方法を解説します。

失業手当

現在失業中で無職になってしまっている状況で条件がミタされていれば支給を受けられます。

失業手当を受けることができるのは新しい職場を見つけて働く意思がある人です。

失業手当は自動的に支給されるものではなく申請を行わなければ受けられません。

受給期間は離職後1年以内ですので、その期間が過ぎてしまうと受給を受けられなくなります。

失業手当の受給額は離職6ヶ月前の賃金総額の約5割~8割に相当するものになります。

支給を受けるためにハローワークに足を運んで職探しをする、前職の被保険s期間が通算12ヶ月以上ある。このふたの条件を満たしている必要があります。

ただし倒産やリストラなどの理由により強制的に解雇となった場合でしたら、通算期間が12ヶ月以上でなくても申請対象になります。

失業手当の申請はハローワークの窓口で行います。失業手当受給中にアルバイトをして賃金を受けたり増すと受給が受けられなくなります。あくまで次の職場を見つけるための救済制度ですので、その点は注意してください。

クレジットローンのキャッシング

無職でも手持ちのクレジットカードのキャッシングサービスを利用できるmpでしたら利用限度額の範囲内で現金を借りられることができます。

キャッシングの方法は指定口座にお金を振り込んでもらうのですが、手続きは数十秒で出来る簡単なものです。

一般的に銀行系カードローンの方が利便性も高く、金利も安く借入金額の範囲が大きい傾向にあります。

ゆうちょ銀行の預金担保自動貸付

ゆうちょ銀行では定期預金を担保にしてお金を借りられます。この預金担保自動貸付では審査なしでも借り入れできるのか大きな特徴です。

無職であっても、ゆうちょ銀行に定期預金があるのでしたら預金額の90%相当の限度額として借り入れできます。

金利は1%低金利ですので、ゆうちょ銀行に定期預金があって借入が必要な場合には活用することをお勧めします。

公的融資制度を利用する

無職の人や生活困窮者に対象に国や自治体からお金を借りられる制度があります。

低所得者世帯を対象とする融資制度における貸付条件を説明します。

失業や収入悪化のために生活が困難となり、本人確認ができて雇用保険の受給資格を得られず、融資を受けてから働いて返済する意欲がある人となります。

就職先が決まっている、就職先の給料が受け取れるまで日数があり、それまで生活ができない場合には、生活福祉貸付制度が利用できます。

生活福祉資金貸付制度では危急の場合は緊急小口資金が利用でき、最大10万円まで借りられます。保証人は不要で無利子ですので生活困窮している場合は活用してください。

生活福祉貸付の申込は、働くことができる状態にあればハローワークへ求人申込を行い、続いて役所が窓口となっている社会福祉協議会に申請書をもらい、申請書を出して審査が通貨しましたら口座にお金が振り込まれます。

このように無職で生活に困窮している場合は国からの支援制度が受けられます。それは本人だけでなく家族の生活支援でもありますので、生活に必要なお金が早急に必要となりましたら、窓口となっている役所に相談してください。

<スポンサーリンク>