ニードだけど今すぐお金が必要です

ニートで今すぐお金が必要だけどカードローンやキャッシングでお金を借りることなんて出来るはずないとと思ってるかもしれませんが、残念ながらそのとおりです。

それでは闇金だったらお金を借りることが出来ると思うかもしれませんが、たとえどんな事情があったとしても闇金に手を出してはいけません。

ニートでもお金を借りられる方法や借入のポイントを解説しますので参考にしてください。

アルバイトをしているときに審査を受ける

アルバイトをしていれば審査に通る可能性があります。たとえアルバイトで少額だとしても一定の収入を得ていると認められば審査を通過する消費者金融もあります。

ニートですので定期的ではなく不定期でアルバイトしてる方もいらっしゃるでしょう。

この場合はアルバイトをしている時期に審査に申し込めば借り入れできる場合もありますので、アルバイトをしているときに審査に申し込みましょう。

出勤日数が少なくても長期に継続しているアルバイトでしたら審査の評価も低くなりませんので借入が認められる可能性が高くなります。

在宅ワークで収入があれば審査に通る可能性も

全く働かず収入がないニートはお金を借りる事は難しいですか、在宅ワークで収入を得ているのであれば借り入れできる可能性があります。

在宅ワークの収入があれば個人事業にして収入を得ているると認められます。在宅ワークでしたら会社で働くというわずらわしさがないですし、人間関係のいざこざを避けられますので、ニートの人が始める仕事としてはうってつけです。

ニートでも派遣社員に登録

派遣会社に登録して在籍確認が取れれば審査に合格する可能性もあります。しかし、その場合でも派遣先企業に一定期間勤務して収入を得ていることが条件になります。

派遣社員に登録したばかりでは審査に通ることはまず難しいです。

アルバイト、在宅ワーク、ニートであろうと継続的に収入があると認められればローンの審査は通りやすくなります。

しかしどうしても働くことができずニートを続けざる得ないのであれば家族に頼る方法を説明します。

クレジットカードの家族会員のキャッシング

クレジットカードはキャッシング機能がありますので、限度額の範囲内であれば現金の借り入れが可能となります。

親に安定した収入があるのであれば、その家族に家族カードが発行を受けられます。

家族カードは本会員と同様にキャッシングやポイントの利用ができます。

親の許可があればカードは発行可能ですのでニートでもお金を借りられることができます。

ただし、キャッシングは借金には変わりありません。返済できないのであれば決して借りれることは止めましょう。

家族カードでキャッシングをして返済できないのであれば、その返済は親の負担となってしまうことだけは避けなければいけません。

借金することで他の人に迷惑をかかる状況を作くってしまうようなことになるのであれば、借金しようとは思わないでください。
ニートがローンの審査を申告する場合の注意点
ローンの審査を申告する場合に決して行ってはいけないので虚偽の申告です。

本人確認書類や収入証明が求められますので、たとえ申告書に虚偽を記載しても絶対にバレてしまいます。

収入がゼロの状態では返済能力がないとみなされるので、いくら少額融資であったとしても審査に通ることはありません。

闇金には絶対に手を出さない

審査が通らないからといって闇金に手を出すことがあれば最悪な事態を招いてしまいます。

ニートで収入がない状態で闇金に借りてしまえば、返済できないのは誰が見てもわかることです。

いくらお金を貸してくれるからといって闇金がお金を貸すのは、ニートであるあなたではなく親から取り立てを迫るからです。

いずれにしてもニートの状態で借金をするのは非常に危険ですし、さらに事態を悪化させることは間違いありません。

ニートを抜け出すことがすべてにおける最善の解決策となります。

借金は一時的に凌ぐことが出来ますが根本的な解決にはなりません。今何をすべき冷静に判断して行動していただきたいと思います。