市役所でお金借りることができるのか?それも無職であっても

<スポンサーリンク>

市役所でお金が借りることができて、それを無職でも可能なんてことがあるのでしょうか。

不測の事態はつ起きるかわかりませんし、そのときにお金がなければ、お金を借りなければいけない状況になるでしょう。

お金を貸してくれるといえば銀行、消費者金融が思い浮かびますが、市役所でもお金が借りられるらしいということを知ったので、それが本当なのか調べてみました。

生活福祉資金制度

市役所からお金を借りられるかということですが、それは生活福祉資金制度のことです。

正確には市役所がお金を貸してくれる制度ではなく、市町村社会福祉協議会が窓口となって申し込みを受け付けますので、あくまで窓口があるのが市役所となりますです。

実際に貸付を行うのは公的期間の社会福祉協議会です。社会福祉協議会は生活福祉資金による貸付以外にも、民生委員が生活に困窮している世帯をサポートをします。

生活福祉資金には総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金があります。

どの資金が適用可能であるかは、役所に窓口がある社会福祉協会へ聞いてみると詳しく説明してくれます。

生活福祉資金の借り入れの対象者

対象者は大きく分けて3つになります。まず1つは収入が少ない世帯で、安定した収入がないために銀行や消費者金融からの借り入れが難しいと判断し、市町村民税非課税世帯に該当する場合です。

次は療養や介護が必要な65歳以上の高齢者がいる世帯です。最後は身体障害者手帳を、精神障害者 保健福祉手帳、療育手帳などを所持している方が暮らしている世帯です。

生活福祉資金は法で定められる最低限の生活を送ることができない貧困世帯が対象となります。

生活福祉資金の申請で必要な書類

生活福祉資金の借り入れを申請する場合は申込書、住民票、収入証明書など必要となります。

申込書は役所に窓口がある社会福祉協議会で受け取ることができます。その他必要な書類についても説明を受けられますので、スムーズに申請できるよう前もって充分しておきましょう。

生活福祉資金の相談なら

社会福祉協議会のホームページでは社会福祉資金について詳しい説明があります。また市町村の民生委員にも相談できますので、今後の生活設計を含めて相談されることをお勧めします。

事前に相談して疑問点を解消することで、生活福祉金の対象となるか、 どのように申請をすればいいかなど、まずは相談から始められるとよろしいです。

生活福祉資金を利用するにあたり

生活福祉資金制度を知名度は高くはありませんが、生活が困窮していて安定した収入がないために、お金が借りられない世帯を対象としています。

このような公的支援を受ける権利があります。なお給付金ではなく貸付金ですので返済義務があります。

ただし保証人を用意できれば無利子となりますし、返済義務がある場合でも毎月の返済負担重くなく、とても低い金額に設定されます。

注意すべきことですが生活福祉資金の対象で当てはまるとしても貸付はすぐには行われません。

緊急性が高い場合には緊急小口資金を活用しましょう。食費がなくなってしまった、家賃滞納のため住んでいる住宅を明け渡さなければいけなくなったなど、救急性が高い場合に融資を受けられます。

また生活保護の受給を受けている場合は生活福祉資金の適用されません。同じく失業保険の給付を受けている失業者は併用できません。

生活福祉資金は貸付ですので返済意欲が認められない場合は貸付を受けられません。

しかし、先々の収入の見込みがない場合でも、 仕事先を探しているか、資格があるのかなどから総合的に返済できるかが判断されます。

生活福祉資金の申請は住民票がある都道府県ですか申し込みができません。

住民票と住んでいる場所が違う場合は住民票を移動した上で申請する必要があります。

いくつかの注意点がありますが、条件が満たされれば貸付の適用となりますので、生活に困窮した場合には生活福祉資金とことを思い出していただければと思います。

<スポンサーリンク>